材料力学について知るには?

機械設計における材料力学の解説

材料力学は機械設計をする上で基本となる4大力学(機械力学・材料力学・流体力学・熱力学)の1つ。機械を構成する部品を使う時にかかる部品の負荷や構造に対し、どのくらい変形するのか、強度はどのくらいかなどを調査し、安全で経済的な設計をするための知識と計算方法を提供する力学です。

つまり、どの機械においても設計の土台となり、機能を損なうような変形や破壊が起こらない、しいては壊れない製品を設計するために必要となるため、機械設計エンジニアにとって、材料力学は必須の知識なのです。材料力学は大学の講義で学ぶことができますが、あくまで材料力学の基礎知識であり、理解することが難しい内容も多く含まれます。

より高度な専門知識を得るには?

大学などで機械工学を学ぶ際に材料力学の基礎知識を学ぶことはできますが、さらに高度な知識を得るとなると、大学から大学院の研究室に進んだり、専門書を読み漁ったり、会社に入社して実務経験を積む中で学ぶなどの手段が挙げられます。

しかし、材料力学はもともと難しい内容でもあり、独学では限界があるため、工学系のセミナーや講座に参加して知識を得たり、研修制度の整っている会社へ入社することで実践的に材料力学を学ぶことも効果的でしょう。

とはいえ、やはり基礎知識という土台があっての高度な専門知識なので、機会設計の現場で実践的に学んだうえで、専門的な知識の深掘りを進めていきましょう。

あなたに合うエンジニアの形は?

機械設計エンジニアにとって必須の知識をさらに深く、専門的に学ぶことで、エンジニアとしての働き方は広がります。深めた知識の専門性によっては機械設計の業界や分野も変わってくることでしょう。

あなた自身は機械設計エンジニアとしてどこまで求め、どのような働き方をしたいでしょうか。このサイトでは機械設計エンジニアのさまざまな働き方についてまとめていますので、是非、あなたの働き方の参考にしてみてください。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
機械設計エンジニアについて
疑問に思っていることはありませんか?