年収やキャリアプランは?

年代別の平均年収

機械設計エンジニアの平均年収は企業規模や年齢によって大きく異なりますが、日本の企業全体の平均年収と比較すると、やや高い給料を得られる傾向にあるようです。

金額で見ると、大手企業の40代がもっとも高い給料をもらい、600~700万円。中小企業の20代が一番安い給料で、300~350万円になります。大企業と中小企業では、初任給の段階で差があるうえ、昇給の速度やボーナスの金額も異なるため、同じ年代でも大きな差がつきます。

ただ、機械設計エンジニアの派遣社員の給料は、中小企業の社員とあまり変わらないようです。派遣社員同士で比較した場合、機械設計エンジニアは、専門性が強いため他の派遣社員よりも高い給料が約束されています。

一般的なキャリアプラン・キャリアアップ

大企業の機械設計エンジニアの場合は、社内での出世・昇進が一般的なキャリアアップの手段でしょう。中小企業で高いスキルを持っている人は、引き抜きによって大企業に転職できる可能性があり、そこからキャリアアップを目指すこともできます。

また、中小企業でも特殊な技術を持った中小企業に転職するというのも、キャリアアップの1つとして考えられます。中小企業の中にも、大企業にも負けないような高給料を出している企業もあり、このような企業は好求人案件として非常に人気で、大手企業からの転職組も多くいます。いずれにせよ、機械設計エンジニアとして高い技術力と知識を身につけることがキャリアアップにつながります。

エンジニア派遣会社でのキャリアアップ

一方で、派遣会社に所属する機械設計エンジニアのキャリアアップは、スキルや知識、現場経験に依存することが多いようです。研修や経験から自身の技術を磨き、自分の力で仕事を勝ち取っていくスタイルになります。

できる仕事の範囲が増えれば、自分の仕事の方向性や選択肢が増えるだけでなく、会社によっては給与の交渉なども行うことができるようになります。

あなたに合うエンジニアの形は?

機械設計エンジニアに限ったことではありませんが、選択した環境、働き方次第ではキャリアプランも年収も変わってきます。あなたの機械設計エンジニアとしての将来像は見えているでしょうか。

このサイトでは、現役のエンジニアを対象にしたアンケート内容や、理想の働き方診断などを掲載しています。何を重視して働くべきか、年収は?現役エンジニアのリアルな声を、あなた自身のキャリアプランの参考にしてみてください。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
機械設計エンジニアについて
疑問に思っていることはありませんか?