機械設計エンジニアは未経験から挑戦できるのか?

機械設計エンジニアは、未経験から目指すのは難しい

機械設計エンジニアという職種は、非常に高い専門性が求められるという性質上、どうしても未経験から目指すには難しいと言わざるを得ません。大学や大学院の理工学部や機械工学などに関する専門学校などで学んできた上で機械設計エンジニアを目指すのが一般的です。

機械設計エンジニアに求められる知識

機械設計に必要な知識はさまざまなものがありますが、下記に挙げるような知識が求められます。

  • 4大力学(材料力学/機械力学/流体力学/熱力学)
  • 製図
  • 機械要素
  • 加工
  • 材料
  • 組み立て
  • 生産

以上のように、非常に多岐にわたる知識が必要となりますので、全く機械設計に関する分野について学んだことがない人にとってはハードルが高いと言えるでしょう。

理工系出身なら未経験歓迎という会社も

ただし理工系の学校の出身であれば、機械設計エンジニアとして経験がゼロだったとしても活躍できる道が用意されている企業もあります。

そのため、理工系の学校を卒業して異なる道に進み、改めて機械設計エンジニアを目指したいと考えている人であれば、未経験の人に対応した研修が用意されている企業を選ぶと良いでしょう。研修では、例えば製図やCAD操作など、現場で必要とされる知識について一から身につけるための制度が整えられているため、配属後も問題なく機械設計エンジニアとして活躍することができます。

下流工程に関わる経験を積むのも手

また、これまで全く実務経験がないという場合には、まず下流工程に関わる仕事につき、さまざまな経験を積んでから機械設計エンジニアに挑戦する、というのもひとつの方法です。具体的には、製品の開発や製作の段階を下流工程と呼び、製品仕様の決定からおおよその設計までを上流工程と呼びます。

機械設計エンジニアとしての仕事は上流工程の部分に当たるため、まずは下流工程に当たる部分の経験を積んで知識をつけるのも後々役に立つでしょう。また、下流工程の業務を行いながら、スクールなどの講習を受けることで、製図やCADについて学ぶこともおすすめです。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
機械設計エンジニアについて
疑問に思っていることはありませんか?