金属加工の種類と特性は?

機械加工

材料から製作図面に示された形状に金属を加工することを機械加工といい、大きく分けて以下の3つの種類に分類され、物をくっつけたりする付加加工、削ったりする除去加工、曲げたりする変形加工があります。

  • 付加加工
    金属の機能が増える特徴がある
  • 除去加工
    形状の自由度が高く高精度なのが特徴
  • 変形加工
    プレス機に代表されるように、大量生産に向く特徴がある

熱処理加工

部品に高温低温の履歴を与えることで硬さを増したり、靭性を増したりすることを目的とした処理を「熱処理」といいます。 処理方法はいくつかあり、以下のような方法が取られています。

  • 熱処理
    熱サイクルにより金属材料の組織を改善する
  • 特殊熱処理
    0℃以下に冷却するなどして材料の合金成分を固溶させる
  • 表面焼入れ
    高温化で炭素を表面に含浸させ、その後急冷し焼き入れを行う(表面硬化)
  • 熱拡散処理
    高温下の窒化雰囲気に部品を置き、金属表面を効果させる

表面処理

表面処理は部品の表面に保護膜を形成させ、耐蝕性や潤滑性能などを付与する処理です。表面には新たな特性が追加されるので、高性能・長寿命化などの付加価値が飛躍的に高まります。金属の表面の性質を変えることから「表面処理」と言われます。表面処理には以下のようなさまざまな方法があります。
電気メッキ、塗装、無電解メッキ、溶融メッキ、表面硬化、溶射、蒸着、化成処理、箔押し
さまざまな方法の中から目的に応じた最適な表面処理方法を選択することが重要になります。

あなたに合うエンジニアの形は?

機械設計のフローの中で、材料を加工して所定の形にし、機能を待たせる部品製作はエンジニアにとって必須の作業です。加工された材料はそれぞれ機能をもった部品に組み立てられ、さまざまな機械が製作されます。金属加工の種類とその特性についての知識はエンジニアにとって欠かせないものです。このような金属部品の加工も、エンジニアの仕事のひとつです。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
機械設計エンジニアについて
疑問に思っていることはありませんか?