機械設計の仕事は難しい?

常に技術を学び続ける必要がある

機械設計が難しいとされる理由の一つとして、「新しい技術・知識を学び続ける必要がある」という点が挙げられるのではないでしょうか。機械設計の技術は常に進歩しているため、学校で学んだことがずっと使えるとは限りません。場合によっては1ヶ月前に学んだ知識をアップデートしなければならない場面に直面することもあるでしょう。常に新しい技術にアンテナを張り、学び続ける必要があると言える仕事です。

また、現場で機械設計を行うにあたっては、「先輩の技術から学ぶ」ということも今後の大きな財産になるでしょう。自分に与えられた仕事に一生懸命になるのはもちろんですが、周りの意見を聞いたり、周りがどのような仕事をしているのかを見ることも勉強になるはずです。

コミュニケーション能力が必要

機械設計という仕事は、「正解がない」と良く言われるように、「どのような設計をしたら正解」という答えがありません。そのため、いかに自分の設計によってクライアントを満足させることができるか、ということを考える必要があります。

クライアントが満足するためには、まずは何が求められているのかを正確に把握することが大切。そのためにはクライアントとしっかりと打ち合わせを行うことが欠かせないため、何が求められているかを汲み取り、提案するコミュニケーション能力が必要とされます。

納期に間に合わせる必要がある

機械設計の仕事には、「納期」が必ずつきまといます。この納期に合わせて設計を行っていくことになりますが、ただ単に間に合わせれば良いのではなく、当然求められたクオリティを満たすことが必要であるため、「機械設計の仕事は難しい」というイメージがついていると言えます。

激務と言われることもある機械設計エンジニアの仕事ですが、クライアントの要求に答えながら設計を行い、時には急な仕様変更に対応しなければならないことも。場合によっては残業をして納期通りに仕事を完了させることになります。

当然個人で仕事を抱えてしまっては仕事がきつくなってしまうのは当然です。そのため、周りとのコミュニケーションをしっかりと取り、チーム一丸となって納期通りの納品を目指して行く必要があると言えるでしょう。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
機械設計エンジニアについて
疑問に思っていることはありませんか?