「エンジニアのイキザマ」 すべての機械設計エンジニアの働き方を考える » 【PR】「生涯プロエンジニア」を実現するメイテックの教育体制

【PR】メイテックに育てられた機械エンジニア

メイテック公式HPキャプチャ

メイテックのプロエンジニア・社員の声を聞く

自社の社員がやることだよね、という仕事を任せてもらった

機械設計の基礎研修を1ヶ月半にわたり受講。未経験者を即戦力として送り出せるようにと、講師の方も厳しく指導してくれました。カリキュラムは実践的。筆箱を設計する課題では、CADで設計するだけでなく、材料の選定、加工方法を含めデザインレビューまで経験できました。

派遣先は、自動車のエアバッグを開発するメーカー。自社社員も派遣技術者も分け隔てなく、業務を任せてもらえる現場でした。だんだんと責任ある仕事を任せてもらえるようになり、走行時のハンドルの振動を減らすモジュールダンパーの性能評価を担当しました。まだ目標値に達していないとき、「ここをこうすれば、クリアできます」という提案までできる。先行開発は答えがないけれど、試行錯誤して量産に結びつけられるのがおもしろい。世の中にないものをつくることや、自分でスケジュールを立てて主体的に進められることに、やりがいを感じます。最近任されたのは、納入先の大手自動車メーカー各社への報告業務。別のメーカーに勤める友人から、「取引先とのやりとりは、自社社員にしかやらせないよ」と聞いていたので、重要業務を任されたことに驚き、身が引き締まる思いでした。

引用元:メイテック公式HP(https://recruit.meitec.co.jp/mt/career/members/honma/)

エンジニアを大切にする会社で、ステップアップができた

(今までの会社は)設備設計のおもしろさを味わえた一方で、時間外労働が極端に多かった。(中略) これでは体がもたなくなると思い、転職活動を始めました。設備設計ができて、残業は常識の範囲内。この希望条件はしかし、いずれの装置メーカーにも通りませんでした。「どこの会社に行っても、その条件は難しいと思うよ。」でも、そんな高望みが許される会社がメイテックでした。きっと、どこよりもエンジニアを大切にしてくれる。(中略)この会社しかないと思い、入社を決めました。

派遣先は、誰もが知る大手文具メーカー。設計者の派遣活用が初めての会社でした。同じ種類のCADソフトが使える設計者で、かつ即戦力として活躍できる人材が1名ほしい。これがメイテックへのオーダーでした。

前職でそれに近い仕事をしていた私に、白羽の矢が立ったのです。最初は、お客さまも様子見でした。「派遣技術者って、どうなんだろう?」という感じで。手始めに、過去装置の3Dデータ化や、図面を書く作業からスタート。前職で経験していたこともあり、立ち上がりは早かったと思います。「これはいけるぞ」ということで、だんだんと新規の設計を任されるようになっていきました。

たとえば、ボールペンのインクを加工する装置や、筆ペンのペン先を整える装置。製品の性能に関わるような、重要な装置の設計を担当させてもらいました。現在は、仕事のフェーズがより上流工程へとステップアップしています。ただ、設計を任されている範囲がまだ部分的なので、装置をまるごと構想段階から担当するのが目標です。

参照元:メイテック公式HP(https://recruit.meitec.co.jp/mt/career/members/ohkubo/)

メイテックの社員教育の特徴

社員の「できる」を伸ばすマッチングシステム

約7,000人のエンジニアの中から、顧客のニーズに最適な一人を選出する「ベストマッチングシステム®」を採用。

企業にとっては十分な技術を持つ最高の技術者を派遣してもらえ、エンジニアにとっては自分のスキルと意識に合った派遣先を紹介してもらえる大きなメリットがあります。

顧客が必要としている技術要素と、メイテックの全エンジニアのキャリアやスキルから抽出した技術要素を、データベース化することによって、理想的なマッチングを形成。

全国から、業務ニーズにもっとも適したたった一人のエンジニアをスピーディーに選出し、設計・開発業務を促進させる仕組みです。

社員同士がスキルを高めあう研修制度

一生学んで技術を高め続け、いつでも、どこでも一線で活躍できるエンジニアを育成するため、自由に受けられる社内研修を年間2,000回近く実施しています。

おおきく技術力研修、人間力研修のほか、キャリアアップへのエンジニアの自発的な取り組みと、会社としてそれを支援する仕組みを構築しており、現状ではニッチともいえる未来技術や、エンジニア自身が関心を持つテーマ、高いレベルが求められる製品開発に関連した題材について、実際に開発の現場で業務するエンジニアが中心となって研修を開催しています。

「株式会社メイテック」の
公式ホームページを見る>>