新たに発表された最新版「SOLIDWORKS2020」の新機能

2019年10月23日、「SOLIDWORKS 2020」発表

ダッソー・システムズでは、2019年10月23日に、SOLIDWORKSの最新版となる「SOLIDWORKS2020」を発表しました。これまでに寄せられた多くの要望に基づき、数百に及ぶ機能強化が行われています。

SOLIDWORKS2020の新機能を紹介

SOLIDWORKS2020では、従来のバージョンから数多くの機能強化がされているとともに、新機能や新たなワークフロー改善が行われています。ここでは、新しく追加された機能についていくつかご紹介していきます。

新機能「フレキシブル構成部品」

SOLIDWORKS2020に新しく搭載された「フレキシブル構成要素」は、同じ部品を異なる条件下で表示できる機能です。

例えば、同一アセンブリ内において同じばねを「圧縮」と「非圧縮」というように、異なる条件下で使用することができます。ばねの他にも、蛇腹や蝶番、オーリングなど、柔軟性があり条件が変えられる部品に応用することで、多彩な設計を行えるようになります。

「ディテイリング(詳細設定)モード」の強化

SOLIDWORKS2020には、「ディテイリングモード」と呼ばれる機能が追加されています。「ディテイリングモード」とは、参照しているモデル情報を読み込まずに、画面の編集作業を行えるモード。そのため、大量のリソースを使用する図面を素早く開くことができる上に、図面の中での注釈追加や編集が可能になります。

この機能により、大規模アセンブリの図面や複数のシートから構成される図面への修正が容易になり、生産性を高められます。

「マークアップ機能」の拡張

図面やモデルに対し、手書きで情報を追加できる「マークアップ機能」が拡張されたことも、SOLIDWORKS2020の大きな特徴といえるでしょう。これまでのバージョンの場合、マークアップ機能を利用するためにはWindowsタッチ対応デバイスを用意する必要がありましたが、SOLIDWORKS2020からはマウスといった一般的なデバイスもサポートされるようになります。

さらに、「eDrawings(3D CADビューアー)」でも、部品やアセンブリ、図面におけるマークアップ機能の利用が可能です。

「SOLIDWORKS PDM」も機能強化

「SOLIDWORKS Electricalコネクター」と「SOLIDWORKS PCBコネクター」を使用することにより、エレクトロニクスおよび機械設計において、データ管理(バージョン管理を含む)が可能となっています。このことで、E-CADチームとM-CADチームの連携がより緊密に行えるようになります。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
機械設計エンジニアについて
疑問に思っていることはありませんか?