東芝で機械設計エンジニアをする

東芝のエンジニア、その特徴と評判は?

このページでは、東芝グループの中核企業であり、世界的な電機メーカーである「東芝」について、会社の特徴や従業員からの口コミ・評判、求められているエンジニアの募集要項などを紹介しています。

東芝の特徴

東芝(株式会社東芝)は、一般家電から国家規模のプロジェクトまで、世界規模で事業展開を行っている大手電機メーカーです。また、日立製作所と三菱電機と並んで、大手重電三社の1つにも挙げられており、創業は1875年とおよそ150年の歴史を持っていることも特徴です。新製品や新技術の研究・開発から、製品の販売・サービスまで一貫して行う東芝グループの中核企業であり、社内だけでなく、他企業や大学、研究機関とも連携しながら数多くの日本初や世界初を生み出し続けています。

東芝の口コミ

  • 「東芝は豊富な実績に裏付けられたノウハウがそろっており、電気機器単体としてだけでなく、システム全体をカバーしています。また、自分自身もエンジニアとして技術を磨きながら、社会へ貢献しているというやりがいを感じることが可能です」
  • 「実社会の課題や問題に適した技術開発を行えるよう、毎日努力しています。私自身の経験としては、入社後に初めて開発を担当した技術が商品化された時、ネット上で大きな反響をもらい、自分の技術が本当に社会の役に立っているのだと実感できました」
  • 「自分の担当範囲や部署に限定されることなく、必要であれば様々な知識や経験が求められます。また、ソフトウェア開発チームやクライアントとコミュニケーションを取りながら、設計開発を担当することもあり、自分から問題に取り組むチャレンジ精神が重要です」
  • 「一般の家電だけでなく、ルーブル美術館や平等院鳳凰堂といった世界遺産の照明装置の開発に関われました。また、子育て中の時短労働や復職制度も充実しているので、女性エンジニアにとって働きやすい環境もありがたいですね」
  • 「3Dシミュレーション技術を使って、空調機器や変電機器の部品設計を担当しています。時には思い通りの結果が出ないこともありますが、そんな時でもどうしてそうなったのか、どうすれば改善できるかなどを考えられるよう、多種多様な知識をベースにした創造性や探究心が求められる職場です」
  • 「休暇に関しては最高だと思っています。年間24日の有給休暇は繰り越しできる上、年休や特別休暇なども含めると、1ヶ月の勤務日数はおよそ17日くらい。さらにステップアップ休暇を取得することも可能です」

東芝の募集要項

東芝では新卒採用だけでなく、期間や期限を設けない通年での中途採用も行われており、募集されている事業分野や技術系職種も多種多様です。主な事業分野としては「エネルギー事業領域」、「社会インフラ事業領域」、「電子デバイス事業領域」、「デジタルソリューション事業領域」などが用意されています。

学歴や経歴を問わない実力主義

東芝のキャリア採用の特徴として、学歴や年齢といった制限がなく、大学名が選考に影響することもありません。また、多種多様な事業分野を展開する東芝では、むしろ異業種の知識や経験を重視しており、他業界からの転職希望者も積極的に採用しています。

ある程度の英語力は必要ですが、優れた会話力やコミュニケーション能力は必須条件でなく、あくまでも能力本位の人材登用が行われているようです。

毎年度ごとに採用人数や募集職種が変動

東芝では原則として、キャリア採用の募集人数や、各事業分野・職種における諸条件が年度ごとに計画されています。そのため、あらゆる分野の機械設計エンジニアが活躍している一方で、常に希望する職種や分野での募集があるとは限りません。ただし、緊急的に募集枠が拡大されることもあり、まずはオンライン上で問い合わせて申し込むことが必要です。

東芝が求めている人材

様々な技術開発を行っている東芝では、必要に応じて広範囲な技術や知識へアプローチすることが求められます。そのため、自分にとって強みとなる、特定分野に関する技術や専門知識を備えている上で、常に新しいことへ挑戦できる情熱的な人材が求められています。

東芝の福利厚生

各種社会保険や財形貯蓄制度、社宅・寮・保養所といった福利厚生が充実しており、次世代育成手当・住宅費補助・通勤手当などの諸手当もそろっている点は魅力です。また、採用後は共通研修を受講した上で、専門技術研修を受講します。

さらに東芝ではグループ内公募制度や社内FA制度が導入されており、部門別の社内求人へ応募することができる点も特徴です。

の会社情報

社名 株式会社東芝
創設年 1875年7月(創業)
社員数 128,697名(連結・2019年3月末時点)
東証一部 上場
アクセス JR 山手線・京浜東北線「浜松町駅」より徒歩7分
B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
機械設計エンジニアについて
疑問に思っていることはありませんか?