機械設計エンジニアで起業する

起業したエンジニアの立ち位置

独立・起業をしてもやっていけるだけの機械設計エンジニアとしてのスキルを持っていることが前提で起業しなくてはなりませんが、機械設計エンジニアであれば、機械設計事務所などが始めやすいビジネスでしょう。設計事務所は大きな設備投資をする必要もなく、図面を書くために必要なCADシステムとインターネットがあれば起業はできます。

起業後に収入を安定させるには難しい点もありますが、常にスキルを磨き、継続して顧客をつけることができれば、事業として軌道に乗せることは可能です。技術系の方は営業活動に苦手意識を持っている方も多いのですが、まずは人脈や周りの環境を活かして仕事の依頼を受け、顧客の獲得に努めることが大切です。

起業したエンジニアに必要なスキル

機械エンジニア業界に限った話ではありませんが、起業を目指す場合はまず信頼される人材となることが必須です。エンジニアとしての信頼を得るには、専門技術や知識が欠かせませんし、起業することでさまざまな人と関わるのですから、コミュニケーション能力や対応力、柔軟性を磨くことも必要です。上辺だけの知識や技術だけではモノにはなりませんので、新しい知識やより専門性の高い技術のスキルアップが求められます。

また、技術畑の方で専門技術はあっても、ビジネス思考に欠けている方も少なくはありません。事業として成り立たせるためにも、顧客のニーズに合わせた事業展開を考え、確実なビジネスビジョンをたてることも必要でしょう。

あなたに合うエンジニアの形は?

機械設計エンジニアとして起業することを視野に入れている場合は、まず機械設計の専門的技術や高度な知識を習得することが大切です。身につけた技術と知識は、独立・起業する際の大きな武器になるからです。もちろん、エンジニアとしてのさまざまな経験や実績も起業するうえで役立つことは間違いありません。起業して個人で働くのも選択肢の一つですが、働き方の選択肢は他にもあります。

このサイトでは、働き方を診断するコンテンツや現役エンジニアの声など、理想のエンジニアとしての働き方について考えるコンテンツを掲載しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
機械設計エンジニアについて
疑問に思っていることはありませんか?