派遣会社での機械設計エンジニアの役割

派遣エンジニアの立ち位置

派遣には、「有期雇用型」と「無期雇用型」の二種類があります。「非正規雇用」ということで悪いイメージを持たれる場合もありますが、無期雇用の場合は派遣会社の正社員として雇用されるため、シニアまで長く活躍できます。

有期雇用であっても、メーカーに属する従業員エンジニアのように「エンジニア以外の仕事」を任されることはなく、自分のスキルを磨き、多種多様な業界のエンジニア経験を積むことができるので、エンジニアとして特化することができます。

地力の強いエンジニアとして、職人のように腕一本で業界を渡り歩いていくようなイメージがわかりやすいでしょう。さまざまな企業での仕事の機会に恵まれるため、エンジニアとしても柔軟性の高い技術を持つことができます。

派遣エンジニアに必要なスキル

派遣エンジニアとして働いていくには常にスキルを高め、エンジニアとして自分の出来ることを増やしていくことが必要です。自社でのやり方や技術だけに慣れればよい従業員エンジニアと違い、派遣エンジニアはどの企業でも自分の力が通用するように、能力を広く鋭く高めておく必要があります。これは、基本的に派遣先の企業から「即戦力」であることを求められ、研修や教育を受けさせてもらえるチャンスがほとんどないためです。

エンジニア派遣会社の中には、社員がどんな現場でも活躍できるように、スキルアップのための講習や研修などを充分に用意しているところもあります。派遣エンジニアという道を選ぶ場合は、社員教育制度がきちんと行き届いた会社を選んで所属するのも良いかもしれません。派遣先企業や製品が変わるたびに勉強しなければならないことは増えますが、一線でモノづくりをし続けるために新しいスキルを身につけるチャンスだととらえられることも、エンジニアにとって大切な要素です。

あなたに合うエンジニアの形は?

派遣エンジニアという働き方は、機械エンジニアとしての業務、もしくは自分を高めるための時間に集中することができます。基本的にマネジメントなどの管理業務や会社に合わせた雑務をやる必要はなく、エンジニア業界にありがちな、人事整理やセクション倒産などにわずらわされることもほとんどないでしょう。

エンジニア業界全体を考えてみたとき、あなたの求める働き方はどのようなものでしょうか?このサイトでは「エンジニアの働き方のカタチ」について考える診断コンテンツや現役エンジニアの声などを掲載しているので、是非参考にしてみてください。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
機械設計エンジニアについて
疑問に思っていることはありませんか?