フリーランスで機械設計エンジニアをする

フリーランスの機械設計エンジニアの立ち位置

最近ではフリーランスでのエンジニアとして働くことへの敷居が低くなっており、フリーランスで活躍している人も多くいます。現在、企業のエンジニアとして活躍中の方も、将来はフリーランスになることを目標にされている方もいるかもしれません。

フリーランスで働くと、正社員時代の年収よりも年収が上がる傾向があります。これは今まで会社にマージンが入っていたものが、すべて自分の収入に変わるからです。自分のライフスタイルに合わせて仕事を調整することもできるので、働く時間の増減も自分次第です。もちろん、デメリットとして収入面の不安定さや業務管理の煩雑さは否めませんが、自分の設計する内容を自分の采配でおこなえるというのはフリーランスでやっていくことの最大のメリットでしょう。

フリーランスの機械設計エンジニアに必要なスキル

フリーランスの機械設計エンジニアとして最低限必要なことは、実務経験のスキルです。自分のスキルは収入にも直結するため、新しい知識や技術について常に学び続けることが必要です。また、特定の得意分野を持つこともフリーランス機械設計エンジニアとして働くうえでの武器になります。幅広い知識を持つことも大切ですが、特化した知識と技術を持つ方がクライアント企業から貴重な人材とされるからです。

ほかにも自己管理能力、営業力、コミュニケーション能力も必要ですし、お金の計算や案件の契約などもすべて自分で行う必要があるため、会社が行ってくれていた確定申告や著作権の対応もできるスキル、お金や契約に関するスキルも身に付けておくことがフリーランスで活躍するために重要でしょう。

あなたに合うエンジニアの形は?

フリーランスの機械設計エンジニアになるにも、メリット、デメリットがあります。しかし、フリーランスのメリットは真逆の立ち位置である正社員としてのデメリットを、メリットとして得られること。フリーランスとしての働き方を、他の働きと比較して、自分に合うものかどうか考えてみてはいかがでしょうか。

このサイトではさまざまなエンジニアの働き方をまとめていますので、自分の理想の働き方を追求するうえで、是非参考にしてみてください。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
機械設計エンジニアについて
疑問に思っていることはありませんか?