独学で機械設計エンジニアをする

独学のエンジニアの立ち位置

独学で機会設計エンジニアになることは容易ではありません。大学などで機械工学の基礎を学んだ人とは働くうえで大きな差がありますし、就職を希望しても、未経験では企業に門前払いされることも覚悟しなくてはなりません。仮に就職できたとしても知識も経験もない全くの素人ですから、エンジニアとして仕事をしていくために学ばなくてはならないこともたくさんあります。

しかし、「なれない」ということはなく、チャンスさえあれば企業に就職してスキルや経験を磨くこともできます。もちろん、そこには人一倍の努力が必要なわけですが、熱意と自分を高める意欲さえあれば自ずと開けるのが機械設計エンジニアの道。就職口は厳しいですが、転職サービスなどを利用するのも手でしょう。

独学のエンジニアに必要なスキル

独学で機械設計エンジニアになろうとした場合、自分のやりたいことだけを勉強できるメリットはありますが、情報共有の場がないため、スキルの伸びの面では分が悪くなるというデメリットもあります。独学の場合、エンジニアとしての就職口が狭いので、それをカバーするためにもまずはCADのスキルを身につけることが必要となるでしょう。CADに関する資格を取ることで、就職活動にも役立ちますし、CADを使える人材としての就職口が開かれます。

また、機械設計技術者試験や技術士補といった機械設計に関わる資格を取ることもおすすめです。例えば、機械設計技術者3級、技術士一次試験(機械部門)を取得できれば、機械系の大学新卒者と同等の知識があることが証明できます。

あなたに合うエンジニアの形は?

未経験から独学で機械設計エンジニアになるには人一倍の努力が必要となりますが、なれれば安定した収入を得られるうえ、一生ものの技術を身につけることができるでしょう。機械設計エンジニアになったらどんな働き方をしたいのかを考えてみるのも、エンジニアへの意欲につながると思います。

このサイトではさまざまなエンジニアのカタチをまとめています。これらを参考に、自分に合った働き方を見つめてみてください。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
機械設計エンジニアについて
疑問に思っていることはありませんか?