アルバイトで機械設計エンジニアをする

アルバイトのエンジニアの立ち位置

アルバイトは非正規雇用であるため、機械設計の経験者というよりは未経験者が知識や技術を学ぶために就業する場合が多いです。特に機械設計のエンジニアを目指し、大学などで学んでいる学生などがアルバイトしていることが多いようです。

中には経験や知識があっても何らかの事情でアルバイトとして就業している場合もありますが、機械設計エンジニアとしての収入はそう高くはありません。機械設計のアルバイトといっても、基本的には企業の正社員を補佐するアシスタント役割が多く、場合によっては専門的知識や経験がそれほどなくても採用される場合もあります。中にはしっかりと基礎から教育してくれる企業もあるため、将来機械設計のエンジニアとして働きたいと考えている人にとっては、機械設計エンジニアになるための足掛かりの手段の一つでもあるようです。

アルバイトのエンジニアに必要なスキル

アルバイトとはいっても、仕事につけば専門家として扱われます。実際にアルバイトの求人情報を探してみると、未経験者可の求人を除けば、高度なCADの運用能力はもちろん、図面や測量機器を扱うスキルを求められることが多くなっているようです。

機械設計エンジニアとして現場に携わった職務経験や、大学・大学院などで製作を行った経験はもちろんのこと、機械設計エンジニアの実務に関わる知識を持つ証明になるような資格、例えば「機械設計技術者試験」や「CAD利用技術者試験」、「CAD実務キャリア認定」などといったを資格を持っていると、有利になることもあるようです。

あなたに合うエンジニアの形は?

アルバイトで働きたいと思っている場合、未経験であれば基礎を学んでおく、未経験可の企業で経験を積むことが近道でしょう。しかし、すでに知識もスキルもあり、実務経験を積んでいる場合は、アルバイトとして就業するにも大きな武器になり、仕事をするうえで役立つことでしょう。

アルバイトエンジニアとして働くカタチも1つの選択ですが、エンジニアとしての働き方は実にさまざまです。このサイトではエンジニアの働くカタチについてまとめてみました。自分の働き方を見つめなおすうえで、是非参考にしてみてください。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
機械設計エンジニアについて
疑問に思っていることはありませんか?